結婚したくない男の心理

恋愛においては、結婚までいきつくかどうかはけっこう大切なことではないでしょうか。
もちろん、10代や二十歳前後の恋愛では話が違いますが。

それでも25歳くらいになると、身の周りに結婚をする同年代の友達も少しずつ出てくるはずです。
そうなると、ただ交際をするだけではなくて、結婚まで発展するような恋愛を早期するような心理が働くようになってきます。
これは男の人でも女の人でも同じのはずですね。
男の人の場合、今でもまだ結婚というと、どうしても自分が一家の大黒柱にならなければならないという心理が働きますから、そう簡単には結婚の準備が整うことがありません。

男の人の場合、自分がじゅうぶんに家族を養えるような状態にならないと、まだ結婚はできないか、結婚することはするとしても、当分の間子供はつくらないといった心理がどうしても働くようです。

それでも最近の男の人たちは、数十年前と比べれば、まだ扶養家族のことを意識しながら結婚のことを考えなければならないという心理からは自由になりつつあるのではないでしょうか。
数十年前の日本には、男は家族を養って当たり前という風潮が強く、ほとんど常識でしたから、それと比較すれば、最近はだいぶ楽になってきているといえます。
もっとも不況が続いているため、結婚後の生活のことを考えるとやはり男性にとっては苦しい状況が続いています。
結婚後の生活を考えたときに、なかなか結婚して家庭をつくる勇気が出てこない男の人も多いでしょう。