黒魔術の恐ろしさ

魔術というものには主に二つの種類があります。それは黒魔術と白魔術です。白魔術というのは、他人を苦しめたりするのではなく、自分自身や他の人を幸せにする魔術として伝わっています。黒魔術というのは白魔術とは馬逆の性質を持っていて、他人を不幸な目に合わしたり、自分の欲望をかなえるために行われる魔術です。黒魔術は行うときに悪魔を呼び出し契約をすると言われています。他人を不幸にするために呪うわけですから、もちろんその反動は自分にもかかって着ます。日本では有名はことわざで、人を呪わば穴二つ。というもnがあります。これは他人を呪うと自分にもなんらかのよくないことが起こるという意味です。
日本には黒魔術という言葉ではありませんが呪術というものが古くからあります。有名なところですと、夜中に神社のご神木にわら人形を打ち付ける、うしの刻参りというものがあります。これも一種の黒魔術の類です。人間は精神が不安定になったりすると呪いや魔術などを信じるようになります。実際に黒魔術などが効果があるかというとわかりませんがその行為を行うこと自体に恐ろしさがあるのだと考えられます。実際に呪いでなくなったという人を聞いた事があるので人に恨まれる行為はしないほうがいいですね。